2008年04月22日

商業的音楽

>近年になりレコードの流通が進むと、ポピュラー音楽では「販売枚数」という経済的指標が最優先になることにもなった。

の部分に注目してみよう。

現在人々が耳にしている「音楽」とは
大半が「商業的音楽」に分類される

商業的音楽とは
売ることを最優先に考え、つくられた音楽である

「売れるものが素晴らしいとは限らないが、売れないと話にならない」

これは資本主義社会における鉄則であるので、音楽市場にもこの原理が適応されたことは必然的であった
posted by たかし at 04:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。